てめーら教師としてダメだろ

えー本音をいえば,こちらが書きたいことのように思います.少くとも経済学部あたりなら,一次関数わかっている学生にミクロの初歩おしえられない教師は,プロとしてどうかと思います.数学的に厳密さを要求されなければ,微分がなんであるかとか,微分が接線の傾きに一致するとか,それとちょっと時間をかければ,偏微分の意味と計算の仕方くらい教えられなくてなりません.なのに学会なんかで,学生の数学の学力のはなしになると,「極限がわからん学生がいる」とかいうバカが多くてこまります.あと,ブルーバックスで『高校数学でわかる××』ってありますが,高校数学わかってないと読めない入門書って,実質的に入門書とはいえない(少なくとも世間の数学学力の平均からみれば)と思うんですけど.

現在,数学が大嫌いになっている学生さんとかも含めて,中学レベルの一次関数とか,ピタゴラスの定理とか,そのあたりわかるようになれば,随分,わかることが増えるのです.そのあたりの努力するき気のないバカ教師が多くてこまります.

卒直に現在の中高の数学教育の最も顕著な効果は人間には数学とかができないかしこい人とそうでない人に分れるという認識をもたせることで,企業や社会に出て,本人以外の人にはとっても「有益な」奴隷根性なりの基礎になる敗北感,「幸運」な人には優越感をうえつけることのように思います.そんな優越感(裏返しの奴隷根性)もったまま,教壇にあがるバカは嫌いです.

数学を勉強することは,権威とか教師のいうことと関係ない真理を認識することを学ぶことなわけで,本来は奴隷根性から人々を解放する効果を確実にもっています.そういう意味で数学は近代民主主義の重要な基盤の一つなわけです.数学の世界では王様がいおうが,聖書にどう書いてあろうが,誰がいおうが関係なしに,正しさが判断されるわけですから.思想史苦手ですが,フランス革命とか,デカルトニュートンとかの数学がおよぼした効果も少なからず反映しているはずなのです.それが奴隷根性をうえつける道具になっている日本の状況はデカルトさんも天国で泣いていることでしょう.

数学が大嫌いなほとんどのひとのための人の数学のやり直し方

ホットエントリーメーカー参考にタイトルつくりました.

えーと,これは私自身のことでもあります.自分の不出来たなにあげてすんません.あと,大学で教えていると数学が嫌いで嫌いでしょうがない学生さんがたくさんいるのにも気がつきます.

自分も数学だめなんで,はてぶで数学の勉強の仕方とかの記事みつけると読んだりするんですが,どうもレベルが高すぎます.英語できない人にシェークスピア読めといっているようなのが多い気がします.

数学できない大学教員(経済学)のレベルでいうのですが,ほとんど文系の数学嫌いの学生さんがどのあたりで数学嫌いになるかというと,あんまり根拠のない実感にもとづいてですが,中学の半ばくらいなんじゃないかと思います.とにかく,そのあたりクリアすれば,たとえばチャンの『現代経済学の数学的基礎』なんかのアメリカの経済数学の教科書の導入で想定されている学力こえますし,西村『ミクロ経済学入門』(岩波書店)も数学でひっかるところもないはずです.チャンあたりもまじめにとりくめば,上巻くらいは3ヶ月かからんでしょう.

まず,プレテストです.以下のこと,ちゃんと説明できるでしょうか.

y=ax+b の傾きがaであることを説明しなさい.

これできない人けっこう多いです.傾きがわかっていない人も多いですし,関数って何か理解していない人も多いです.このレベルのことがわかっていないのに,『解析概論』とか絶対無理ですし,ブルーバックスの『高校数学でわかる××』とか卒直にいってはやすぎると思います.

このへんでひっかかっている人は,次の問題集がおすすめです.
受験生の50%以上が解ける落とせない入試問題数学

受験生の50%以上が解ける落とせない入試問題数学

受験生の50%以上が解ける落とせない入試問題数学

このあたりをクリアすれば経済学部なら次です.
経済学で出る数学 ワークブックでじっくり攻める

経済学で出る数学 ワークブックでじっくり攻める

経済学で出る数学 ワークブックでじっくり攻める

理系向けはよくわからんですが,以下のあたりもゆっくりなら『入試数学』がわかればとりくめるんじゃないかと思います.

やさしく学べる基礎数学―線形代数・微分積分―

やさしく学べる基礎数学―線形代数・微分積分―

出る数学ワークブックは中学校くらいの数学がわかっている人ならちょっとした努力で100点余裕とれるようにつくってあります.それでも高校程度の物理を理解できる程度(ベクトルとか偏微分とか,あ微分方程式はないか)には余裕でいくんじゃないかと思います.

これよんでやる気になった人にぜひ注意してもらいたいのは,高校入試もふくめて,受験問題というのは,その半分近くの問題は全員がとけないようにわざとつくっています.経済学とか,物理学とか理解するために,ああいうトンチを解く能力はほとんど要求されません.私もチャンを勉強しはじめたときに,ああいうトンチな練習問題が一切ないのに,かなり驚いたのを憶えています.(トンチの能力が要求される分野があることは否定しませんが)

『出る数学ワークブック』は序文であるように,ちょっとの努力で100点がねらえるように著者の白石さんが努力して作られた本ですし,『落せない入試問題』も半分以上の人がとける問題しかありません.こんくらいのことができる程度で本当に大丈夫なわけです.

私はやる気になれば,現在数学が大嫌いな人も上の2冊あげるのにそんなに時間はかからんと思っています.ほとんどの人が数学できなくなる理由は自分のペースで数学を勉強する機会がもてなかったからです.理想をいえば,多少つまづいても勇気づけながらつきあってくれるような先生とか先輩とかいれば,つづけられるんじゃないかと思います.(愛媛大のK先輩御元気でしょうか)

あと,ちょっと不味いのが,「計算できたけど,意味わからん」状態です.計算できるようになって,自信つけるのも大切ですけど,中身がわかったほうがいいにきまってます.『出る数学ワークブック』のほうは,ワークブックでないほうの『経済学に出る数学』を読めばいいんですが,『入試数学』レベルについては,不案内ですが,以下のあたりが副読本として思いうかびます.

マンガ・微積分入門―楽しく読めて、よくわかる (ブルーバックス)

マンガ・微積分入門―楽しく読めて、よくわかる (ブルーバックス)

関数を考える (岩波現代文庫)

関数を考える (岩波現代文庫)

岡部さんの本は関数の意味と関数の傾きあたりのとこだけで十分です.微分はあとにとっておきましょう.

経済学と経済教育の未来を考えるシンポジウム(5月16日(土曜日)於 専修大学神田校舎)

皆様,ふるってご参加お願いいたします.

昨夏策定されました、日本学術会議による経済学教育の参照基準は、その素案が一元的な内容であったために、策定過程において10数学会から異見表明が行われ、最終的な表現が修正された経過は、学会MLなどを通じて御存知かと思います。

このたび、関連学会のご協力により『経済学と経済教育の未来』(桜井書店)を出版いたしましたが、この機会に、これからの経済学教育を考えるためのシンポジウムを開催することとなりました。

開催日が5月16日(土曜)と、差し迫ってのご案内となり申し訳ありませんが、カリキュラム編成など身近な場にも影響しますし、経済学そのものの未来にもかかわる大切な問題ですので、どうか万障お繰り合わせの上、お運びくださいますよう、お願い申し上げます。

 日時:5月16日(土曜日) 13:00−18:00
 場所:専修大学神田校舎5号館541教室

13:00 開会あいさつ
13:10 基調講演:参照基準問題の経過とこれから 八木紀一郎(摂南大学 教授)
13:50 現場から参照基準問題を考える
        中等教育の現場から:炭谷英一(元兵庫商業高校教諭・神戸市市 消費生活マスター)
        高等教育の現場から:大坂洋(富山大学准教授)
14:50−15:10 質疑応答
15:30−16:50 参照基準の問題点ー個別論点の紹介と質疑応答
        有賀裕二(中央大学教授)・吉田雅明(専修大学教授) 他
17:00−17:40 全体討論

会場の専修大学神田校舎は地下鉄九段下もしくは神保町駅からいずれも5分の
ところにございます。キャンパス案内のサイトをご覧ください。
http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access.html#kanda

お問合せは、吉田雅明(進化経済学会前事務局長: yoshida アットマーク isc.senshu-u.ac.jp )まで

吉原直毅氏の参照基準への発言について

下書き保存のまま,しばらく放置になっていました.すみません.

さっそく稲葉振一郎さんからクレームが.

吉原直毅の力のこもった文章も載せておいてほしい
http://b.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20150416#bookmark-247310557

編集の過程について,うっかりものの私がなにかいうと他の執筆者,編者にご迷惑をおかけしますので最小限の発言にしたいのですが,編者ひとりのこらず,吉原さんの文章が掲載できなかったのは,残念と思っているはずです.

個人的な願望で,吉原さんにも,他の編者,執筆者にも承諾なしですが,吉原さんの文章,発言も『経済学と経済教育の未来』の一章として読んでいただければと勝手に思っています.

追記:5月28日 『経済学と経済教育の未来』編集委員会から,吉原さんに原稿依頼があった経緯も,吉原さんがそれを断った経緯もありません.誤解をまねきうる表現であったことお詫び申し上げます.

吉原さんに共感するのは,特定の学派一本槍の経済学部での教育内容が学生にとっての関心をひかないものになりつつあることへの危機感です.私は『未来』の中で職業的意義を強調しました.もちろん,職業的意義と無関係ではありませんが,吉原さんの発言は学生にとっての学問的意義や市民的意義をより強調する方向だと思います.私は職業的意義を無視して,学問的意義や市民的意義ばかり強調する多くのアホには共感できませんが,以下のよう部分をから読みとれる吉原さんの学生への視線のため,反感を感じません.

私自身の経済学への関わりの経験に基づけば、現在の主流派のミクロ・マクロ経済学を学び正確に理解する事と、スミス、リカード以来のポリティカル・エコノミーの系列の経済学を学び、それらの視角を身につける事の、その双方によって、資本主義的市場経済システムの光の部分と影の部分をバランスよく理解する事が可能になるし、それに基づく資本主義認識のパースペクティブは、主流派のミクロ・マクロ経済学の先端的テキストのみから経済学を学ぶ場合に比べて、はるかに広くかつ深いものになれる。そのような学識を今の学生なり、市民が求めていないならば仕方ないかもしれないが、実際には、その潜在的な需要は少なからずある。それは、2011年以来、この夏をも含めて3度のサマー・スクール「Summer School of Analytical Political Economy」の運営経験から経た私の実感である。本提案のような路線で経済学の教育の体系化が進むとすれば、それは社会運営上の主権者の一人として資本主義的な社会経済の仕組みを批判的に理解する為の学識に強い需要を持つような「問題意識の高い」学生たちを結局、スポイルする事となり、そのような学生たちの経済学への興味自体を失わせ、去らせる事になり兼ねない。それは、日本社会の将来にも負の影響を及ぼす事に他ならないだろう。

多少感情的なことを書けば,私が職業的意義にこだわるのは,その欠如が教育現場において学生のニーズを無視されていることの反映であるからです.その面からいえば,わざわざ職業的意義など強調しなくても,普通に学生のニーズをくみとられるならば,出発点が職業的意義であろうが,学問的意義であろうが,あんまり問題ないんだろうなという気もしています.多くの教養やら,市民的意義ばかり強調する一部教員(ん,大多数?)は,あらゆる意味で学生のニーズに応えないいいわけとして,そういう「意義」を強調します.そもそも,そういう教員の学生への無関心の結果が現在の意義の消失しつつある人文社会系の大学教育の根本にあると思います.

以下,吉原さんの参照基準関係のリンク

日本学術会議経済学委員会・経済学分野の参照基準検討分科会による「経済学分野の参照基準(原案)」に関する拙見
http://www.ier.hit-u.ac.jp/~yosihara/131204sekknn.pdf

岩本,吉原対談掲載の経済セミナー

経済セミナー2015年5月号

経済セミナー2015年5月号

対談「経済学部教育が目指すもの」(上の岩本康志さんの紹介)
http://iwmtyss.blog.jp/archives/1022852956.html

よそから来た人はこっちも買ってください.

経済学と経済教育の未来―日本学術会議“参照基準”を超えて

経済学と経済教育の未来―日本学術会議“参照基準”を超えて

『経済学と経済教育の未来』アマゾンで経済学分野34位

日経新聞樣のおかげでございます.(今朝の朝刊19面)卒直に「これ本の中身読んて書いたの?」っていう感じの記事でした.そのおかげで,読者の皆さんは,一体,何が書いてあるんだろう,是非,現物を読まないと,と思って下さったんじゃないかと思います.日経新聞樣,書籍の売り上げへの御協力ありがとうございました.

なお,この本の出版を打ち上げ花火で終らせないため,5月16日午後に都内でシンポジウムが開催される予定です.内容の調整中なので告知はまだ先になりますが,関心のある皆様,よろしくお願いいたします.日経樣は,このシンポジウムを成功のため,あえてツンデレな対応をとられたのでしょうか.

経済学と経済教育の未来―日本学術会議“参照基準”を超えて

経済学と経済教育の未来―日本学術会議“参照基準”を超えて

アマゾンだと書籍の表紙表示されているのに,上のリンクで表示されないのはどうして?

『経済学と経済教育の未来』

濱口さんのブログよりもずっと遅い告知なってしまいました.
とりあえず,アマゾンへのリンクします.

経済学と経済教育の未来―日本学術会議“参照基準”を超えて

経済学と経済教育の未来―日本学術会議“参照基準”を超えて

本書を推す
生物も社会も多様性を失うと滅びていく。
経済学も例外ではない。
金子勝(慶応大学教授)


経済学教育の画一化に抗して
本書の企画は,日本学術会議の経済学分野の「参照基準」の策定作業に対して多くの学会および研究者・大学教員が憂慮を表明した署名運動の中から生まれました。

多様性と創造性の促進こそが民主的な社会の基礎
ー経済学の社会性・創造性をとりもどすー
経済学教育の画一化とそれによる学生・生徒たちの視野の狭隘化は,経済学自体が社会科学としてもつべき多様性と創造的な発展の可能性を失わせかねません。

現在の大学での経済学教育の画一化への動きは,各大学,各学部レベルでの人事やカリキュラムをめぐる議論においても強い影響力を持っています。それは大学のみならず,中学,高校での社会科教育,ひいては市民の全般的な社会科学的リテラシーに波及しつつあります。経済学教育が一面的なものになることは,多様性と創造性を保証しながら協働していく民主主義的な社会の構築にとって誠に憂うべきことです。

学派・学会を超えた真摯な討論
本書は所属学会・学派を超えた執筆陣により,多様な側面から参照基準を検討してゆきます。『参照基準』問題の背景にある大学教育の「国際的質保証」の課題を批判的に考察し,標準的とされている経済学を中心とするカリキュラムを超える多様性を経済学が持っていることを伝えるとともに,経済学の教育の創造的可能性を探求してゆきます。

目次
まえがき 八木紀一郎
序論 経済学の「参照基準」はなぜ争点になったのか(八木紀一郎)
第1章 教育に多様な経済学のあり方が寄与できること――教育の意義を再構築する――(大坂 洋)
第2章 経済学はどのような「科学」なのか(吉田雅明)
第3章 マルクス経済学の主流派経済学批判(大西 広)
第4章 競合するパラダイムという視点(塩沢由典)
第5章 純粋経済学の起源と新スコラ学の発展――今世紀の社会経済システムと経済システムの再定義――(有賀裕二)
第6章 「経済学の多様性」をめぐる覚書――デフレと金融政策に関する特殊日本的な論争に関連させて――(浅田統一郎)
第7章 経済学に「女性」の居場所はあるのか――フェミニスト経済学の成立と課題――(足立眞理子
第8章 経済学の多様な考え方の効用――パート労働者の労働供給についての研究例から――(遠藤公嗣)
第9章 地域の現実から出発する経済学と経済教育――地域経済学の視座――(岩佐和幸)
第10章 主流派経済学(ニュークラシカル学派)への警鐘――経済理論の多様性の必然――(岩田年浩)
第11章 大学教育の質的転換と主体的な経済の学び(橋本 勝)
第12章 働くために必要な経済知識と労働知識(森岡孝二)
付録
大学教育の分野別質保証のための 教育課程編成上の参照基準:経済学分野(日本学術会議
「経済学分野の教育課程編成上の参照基準」の審議について(岩本 康志)


卒直にいって,編者兼,執筆者の1名をのぞいて,豪華メンバーです.わざわざいわなくとも,なんですけど.

編者の一人として,内容に満足していることは,多くの論考が参照基準への異論をとなえながら,「主流派」の経済学へのスタンスとしては,かなりの幅広い立場をフォローするものになっていることです.この本全体のキーワードは多様性ですが,経済教育における多様性の必要性自体,多様であることが読んでいただければみてとれると思います.

私の文章についての執筆者個人としての補足ですが,草稿段階では,かなり岩本委員長ほか検討分科会各位への感謝の念を強調したものでした.その部分が圧縮されたのは紙幅の問題です.検討分科会が,少なくとも真摯に異論に向き合おうとされた誠意は疑いようがありません.このことは,橋本勝氏の論考でもふれられています.

ただ,その一方で,経済学的認識は相対化されうるものであるという根本的な学問観については,理解していただけなかったとも感じています.卒直に真摯に対応していただいても,こんな基本的な,あたりまえのことの部分が理解していただけないのかという失望感もあります.だけども,将来の見直しの機会にも,今回の真摯な態度を将来の検討分科会には継続していただきたいと思っております.

財務省各位への誤解について

濱口さんの記事を読んで、いままで財務省の皆さんに、大変な誤解をしていたことに気がつきました。ただ、これは多分、私だけの誤解ではなく、経済に関心があるかなり多くの人達と財務省の皆さんとの間の誤解のように思います。

やっぱりこいつらは「りふれは」

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-9c68.html

一言でいえば、財務省のみなさんは高齢化対策などの福祉予算のために増税が必要と主張しておられました。私を含めて多くの人々は全然、それを本気にうけとっていませんでした。皆さんが増税による省庁にからんだレントシーキングを目指していると感じておりました。大変もうしわけありません。もちろん、卒直にいって、財務省には多くの人々がいますから、一部にはそのような人もいるかもしれませんが、問い質すこともなく、財務省の全体がそのような動機で動いているような妄想にとりつかれていたのが、いままでであったと思います。

私は今回の「アベノミクスの失敗」(あるいは後退)において消費税増税が大きな要因であり、間近の消費税アップも景気をますます悪化させることを確信しています。消費税増税は税収の減少によって、ますますの財政の悪化を引き起こし、格差拡大とともに、諸々の福祉政策の足枷になると考えています。

また、アベノミクスの理論的基礎となるインフレターゲット政策の本来の期待される効果は(現在、あまり十分に発揮できているとはいえませんが)実質利子率の低下によって、富裕層や内部留保を溜め込んでいる企業の貯蓄を不利にすることを通じて、失業者の雇用を改善する所得再分配効果をもたらす、失業給付や福祉政策を補完するものと考えております。それが多くの人達の啓蒙の努力にもかかわらず、株式をもった富裕層の利益を重要視した政策と誤解されつづけていることもディスコミュニケーションの原因の一つと考えています。(昨年の株価の上昇が消費の期待されるほどの上昇に結びつかなかったことが、そのような誤解を強めました。)

このように私たちの経済政策の認識はほとんど180度、財務省の方々とは違うものですが、基本的にはバブル崩壊以降ひろがった経済格差し、財政危機による福祉の足枷を解消することを目的としており、これ以上の福祉のきりつめを避けようとする良心的な財務省各位とは同じ目的をもっていると思います。

皆さんの真の目的を誤解し、これまですでに述べたようなあやまった認識をもっていたことをお詫びします。リフレ派の代表でもなく、まったく無名な私がわざわざ謝罪を表明するのは、申し分けない気持があるのと同時に、私と同じ種類の誤解を多くのリフレ派と呼ばれる経済学者を中心とする人々がもっていると思うからです。皆さんに謝罪すると同時に、私が敬意を払う経済学者達にも誤解をとくべきと考えております。

私は今、同じ県に住む公務員である知人とした議論を思い出します。彼女は現在の財政状況で財政支出が増えると福祉や教育への支出が削減することを心底心配しておりました。私はそうではなく、不景気での支出の削減は、有効需要の減少を通じて、財政を悪化させると考えています。むしろ、支出の増大が景気対策となる現時点で、財政危機の不安から歳出削減の圧力が高まっていることが、ますます財政危機を悪化させる悪循環におちいっていると感じます。(浅田統一郎氏がこの点について明解な議論をしています)この議論はすべての経済学者に支持されているとはいえませんが、古典的なケインズ理論からほぼストレートに導かれるし、ニューケインジアンも支持しうる論点です。

経済学を学んでない私の知人がそのような論点に考えがおよばないのは、むしろ自然です。しかし、財務省のみなさんが卒直にこのような経済学的には常識的な観点をまったくスルーしているのは、皆さんが日本のエリート中のエリートであるというイメージと認知的に著しい不調和を私の中に引き起こしました。私は単純にそのような初歩的な経済理論にみなさんが無知である(失礼ですが、卒直にこういわざるをえません)という可能性を考えることはできず、皆さんが福祉や格差の問題を本音では省庁の利益よりも低く見ていると考えることで、なんとかイメージと現実のバランスをとっていました。おそらく、皆さんが属しているのが、日本で事実上、最も強大な権威をもっている省庁の一つであることも、私の中に反権力的な偏見を助長させた面もあったのではと感じております。

ただ一つ、いまでも認識がかわらないのは、皆さんがマスコミや政治家に対して、極めて強い影響力をもっていることです。私は今は、皆さんの多くが私の知人と同様の水準の認識で経済・財政や今後の福祉を考えており、皆さんの発言をそのままに本音としてうけとるのがよい、と考えるにいたりました。ただ、卒直に皆さんの経済認識は非常に偏っており、意図と反して、いっそう財政危機を深める結果をうみかねないものです。その点は、経済・景気と財政の関係を認識していただき、皆さんに信頼をよせているマスコミ、政治家、ひいては国民を正しい認識に導く責務があります。これは本来、私を含めた経済学者が引き受けるべき任務なので忸怩たるものですが、皆さんの発言が経済政策にあたえる影響は経済学会よりも強いのが現状といわざるをえません。

財政の専門家である皆さんにいうのは大変失礼なのですが、過去の消費税増税が日本の税収にプラスの影響があったかについて、再考をお願いしたいと思います。税率と税収の推移をプロットしたグラフを外国人にみせたとして、いつが消費税導入のタイミングなのか、日本経済を知らない外国人は、たとえ経済学の知識があってもわからないと思います。それは景気による税収の大きな変化が、税率アップの効果を上回っているからでしょう。今回の消費減退もふくめて、過去をかえりみれば、税収のアップは景気の回復後にするのが順当と考えます。それがひいては日本の財政再建につながり、財政危機が福祉の足枷になっている状況を脱却するきっかけをつくることになると考えています。

景気をどう回復するかについては、政策手段について議論の余地があります。私はアベノミクスの金融政策が今後、もりかえすことを願ってはいますが、在庫循環の動向などを見ると消費税アップ前より、成功する可能性はかなり小さくなったと考えています。増税どころか大幅な減税が必要とさえ考えます。また、安倍政権では実現可能性は小さいですが、共産党などは企業の内部留保を賃金にまわすことでの格差縮小を提案しています。現状の皆さんよりも経済への認識の違いが少ない論者の間でさえ、今実行すべき政策内容は合意ができていません。しかし、福祉の足枷となっている財政危機と格差の解消の最も強力な効果をもつのは、景気回復であることは私は否定しようがないと思いますし、ここの認識をまちがえると日本経済は若年層を中心とした低賃金と高齢化によって破綻せざるをえないと考えています。ここのところは大きな発言力をもつ省庁の一員として財務省の皆さんに認識いただきたく存じます。

濱口さんのブログのコメントにも書きましたが、いままで皆さんに対する誤解を知ってことは、コミュニケーションギャップの恐しさと同時に、皆さんと経済学者との間で建設的な対話の可能性を見いだせたことで、大きな希望もいだいています。また、濱口さんのような信頼できる方が私達の誤解に正当に怒りを表明していただいたことに感謝しております。